キャンセル料請求詐欺とは

キャンセル料請求詐欺

キャンセル料請求詐欺

キャンセル料請求詐欺 に関する相談は、現在、ヤミ金被害の問い合わせの中で最も多いと言われています。

ヤミ金問題を専門に扱う弁護士・司法書士事務所への相談は、毎日数多くの問い合わせが来ますが、ヤミ金被害相談の約2割は、このキャンセル料請求に関する相談だと言われています。

このページでは、現在、頻発しているキャンセル料請求詐欺の特徴と対処法を紹介しています。


キャンセル料請求詐欺の特徴

キャンセル料請求詐欺の特徴

キャンセル料請求詐欺は、ヤミ金業者が行う手口の一つです。

闇金業者は、素性を隠し、正規の貸金業者を装い利用者を勧誘します。

広告などを見て融資を申し込んで来た利用者に対して審査を行います。この審査では、住所や連絡先、口座番号、勤務先などを聞かれることになります。


そして、キャンセル料請求詐欺を行う闇金業者は、次に金利や返済に関する簡単な説明を行います。

闇金業者であるため、当然、法外な高金利を提示してきます。

また、説明の際に、闇金業者と分かるようなあからさまな態度を示す場合もあります。

この説明の結果、闇金業者と気づき借入れをキャンセルすると、「既に手続きは済んでいるのだから、キャンセル料を払え。」などと言ってキャンセル料を請求してきます。


このように、お金を借りていないにも関わらず、申し込んだだけで高額なキャンセル料を請求されるのです。

闇金業者によっては、「この条件では融資することは難しい。信用を付けるために、2、3万円程度振り込むから利息分を付けて後日返済して下さい。」などと一方的に融資を持ちかけて来る場合があります。


キャンセル料請求詐欺が悪質なのは、初めからお金を貸すことを考えていない点です。

成立してもいない契約に対して、一方的にキャンセル料を搾取することが目的なのです。


キャンセル料請求

キャンセル料の支払いを拒否すると、あなたの元に督促の連絡が来ます。※既に申し込みをしている場合。

さらにエスカレートすると、勤務先や身内に対して、借りてもいない料金の請求が行くことになります。


家族や周囲に迷惑を掛けるのは申し訳ないという思いから、キャンセル料を支払ってしまうと、様々な理由をつけてさらに取立てや嫌がらせが続きます。

支払う必要も無いキャンセル料を一度でも支払ってしまうと、闇金業者は「カモ」だと認識して付け込んでくるのです。


押し貸しに繋がるケースも

キャンセル料請求からの押し貸し

また、闇金業者に口座番号を教えてしまった場合は、自分の口座に勝手にお金を振り込んで、利息をつけて請求してくる場合もあります。

これは、いわゆる押し貸しと呼ばれる闇金業者の手口です。


押し貸しとは
押し貸しとは、貸借契約をしていないのにも関わらず、勝手に自分の銀行口座にお金が振り込まれ、その後暫くして法外な利息を請求するという闇金業者の手口です。増額融資と言って何度も振込んだり、完済後であっても入金してくるケースもあります。また、押し貸しという呼称の他に、強制貸付けとも呼ばれることがあります。

押し貸しに遭うと、最終的に口座を凍結することになるため、安易に口座番号などの個人情報を教えるのは注意が必要です。


キャンセル料請求詐欺の対策方法

闇金業者からキャンセル料を請求された場合は、絶対にお金を振り込まないことが重要になります。

しかし、前述の通り、キャンセル料の支払いをせずにいると、闇金からの取り立てに遭うことは必至です。

この手のヤミ金に引っ掛かってしまった場合は、個人で解決するのはきわめて難しいと言えます。

そのため、キャンセル料の支払いを拒否したら、出来るだけ早めに法律の専門家や警察に相談するようにして下さい。


また、キャンセル料請求詐欺に遭った場合は、すぐに弁護士や司法書士などのヤミ金の専門家に相談し解決してもらうようにしましょう。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でヤミ金取り立ては無料相談で解決!をフォローしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【闇金相談】ジャパンネット法務事務所

ジャパンネット法務事務所

ヤミ金問題に強い頼れる司法書士
【経験と実績】ジャパンネット法務事務所

詳しく見る ⇒


トップへ戻る