「 闇金の歴史 」一覧

闇金の歴史

高利貸しが誕生した歴史的経緯から、古代から現代に至るまでの貨幣を媒介にした市場経済の変遷について紹介しています。

高利貸しに関する金融の歴史的背景を考察することで、違法な高金利を得ることを目的に貸金業を営む闇金の本質に迫ります。

闇金の歴史4 ~クレジットカードの誕生から現在まで~

闇金の歴史4 ~クレジットカードの誕生から現在まで~

クレジットカードは、商品を購入する際の決済(支払)手段の一つです。また、契約者の番号その他が記載、記録されたカードです。「credit」の意味は、後払い、つけ払いのことを指します。 分割払い機能を持つものを、クレジットカード、一回払いのものをチャージカードと呼ぶことがあります。

闇金の歴史2 ~日本の高利貸し 古代から江戸時代~

闇金の歴史2 ~日本の高利貸し 古代から江戸時代~

日本での貸金業の始まりは、お金(銭貨)の誕生と同時に発生したとされています。古くは律令時代(7世紀後半から10世紀頃)に遡ると言われています。お金の誕生と同時に登場したという事は、日本最古のお金である富本銭(ふほんせん)が作られた西暦683年から金貸しは存在していたということになります。

闇金の歴史1 ~貨幣の誕生と高利貸しの登場~

闇金の歴史1 ~貨幣の誕生と高利貸しの登場~

高利貸しとは、個人や企業などを対象に高い利息を取ることを条件として金を貸す業者のことを言います。高利貸の特徴としては、比較的小口の顧客が多い点です。また、審査が甘いため、借入れが容易であることが挙げられます。このページでは、歴史上における高利貸しの起源とその過程について少し触れたいと思います。

トップへ戻る