クレジットカード現金化とは

クレジットカード現金化 とは

クレジットカード現金化

クレジットカード現金化 とは、クレジットカードのショッピング枠を使って商品を購入し、その商品を販売して現金を指定口座に振り込んでもらうという仕組みです。

クレジットカード現金化が普及した背景には、平成22年6月18日に貸金業法が改正され、総量規制(年収の3分の1以上の金額のキャッシングが制限される)が導入されたことや、法定利率が引き下げられたことによる消費者金融での貸し渋りなどがあります。

今まで消費者金融などで融資を受けていた人が、上記の理由で融資を受けることが難しくなったため、クレジットカードの現金化を利用する人が多くなったと言われています。


クレジットカード現金化の特徴

ショッピング枠の現金化の特徴は、本来、商品やサービスを後払いで購入するために設定されている「ショッピング枠」を利用して、現金を入手することを目的としていることです。

クレジットカードの使用は、商品の購入が目的であるため現金化自体は違法ではありません。

しかし、クレジットカード会社は、このような使い方を認めていません。

そのため、現金化を目的としてクレジットカードのショッピング枠を利用した場合は、利用停止になるおそれがあります。


クレジットカード現金化は、直接店舗に足を運ばなくても、現金化業者のサイトからオンラインですべての手続きが完了するため気軽に利用できる点が特徴です。

クレジットカード現金化の申し込みは、パソコンやスマートフォン、タブレットを利用して現金化業者のサイトにある申し込みフォームに必要事項を入力します。


クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化には、「商品買取り型」「キャッシュバック型」の2種類が存在します。


商品買取り型

利用者は、業者からクレジットカード払いで商品購入します。

購入後、同業者がその商品を購入代金よりも少ない金額で買い取り、利用者の口座にその買い取り額を振り込みます。

そして、後日、利用者はクレジットカード会社に対して商品の購入代金を支払うことになります。

商品は、後日自宅に宅配便で届きますが、すぐに現金化業者へ転売することになるので、届いた商品を再び商品を現金化業者へ送ります。


商品買取り型の事例

クレジットカード現金化業者から、50万円相当の指輪などをクレジットカードで購入することになります。

実際に商品を購入することになるので、購入した商品は後日自宅に届きます。

届いた商品は、即日、現金化業者に40万円に売ります。

すると、利用者は、商品を販売した金額である40万円が手に入ります。

後日、クレジットカード会社から商品の購入代金である50万円の請求書が届きます。

上記の例では、40万円の現金を手に入れることは出来ますが、10万円の手数料を取られていることになります。

つまり、年利235%以上で借金をしていることと同じなのです。この金利は、出資法の上限金利である年利20%を大きく超える数字です。


キャッシュバック型

利用者は、現金化業者からクレジットカード払いでキャッシュバック付商品を購入します。

「キャッシュバック型」は、「商品買取り型」とは違い、購入する商品自体を転売するのではなく、購入する商品自体に現金が特典として付いてくる(キャッシュバック)ことになります。

この購入する商品は、価値の無いアクセサリーなどである場合が多いようです。

現金化業者は、商品と商品代金より少ない額を利用者の口座へ振込みます。

後日、利用者はクレジットカード会社に商品の購入代金を支払うことになります。


キャッシュバック型の事例

クレジットカード現金化業者から、30万円分の商品を購入します。

取引が成立すると、キャッシュバックと言う名目で、現金化業者は8万円の手数料を差し引いた22万円を利用者の指定口座に振り込みます。

利用者は、最短でその日の内に22万円の現金を手にすることができます。

1ヶ月後、クレジットカード会社から30万円のカード利用請求書が届きます。利用者はクレジットカード会社に指輪の購入費用である30万円を支払います。


現金化業者は、実質的に出資法で定める上限金利を超える利息に相当する金額を得ることになります。

クレジットカード現金化は、実質的に高金利で借金をしているのと同じことです。

消費者庁は現金化を利用しないよう呼びかけています。また、カード会社の会員規約でも、現金化目的の利用を禁止しています。

ネットなどで広告を見つけても安易に利用しないように注意しましょう。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でヤミ金取り立ては無料相談で解決!をフォローしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【闇金相談】ジャパンネット法務事務所

ジャパンネット法務事務所

ヤミ金問題に強い頼れる司法書士
【経験と実績】ジャパンネット法務事務所

詳しく見る ⇒


トップへ戻る