振り込め詐欺とは

振り込め詐欺

振り込め詐欺

振り込め詐欺 とは、オレオレ詐欺架空請求詐欺なりすまし詐欺などの総称です。

2004年11月までは、オレオレ詐欺と呼ばれていましたが、手口が多様化する中で名称と実態が合わなくなったことから、一連の詐欺行為の統一名称として2004年に警察庁が命名しました。

振り込め詐欺は、電話やハガキなどで被害者を騙し、金銭を振り込むように要求する犯罪行為です。

ヤミ金の中には、この振り込め詐欺に加担している者もいるようです。


振り込め詐欺の特徴

オレオレ詐欺

振り込め詐欺の特徴としては、面識のない不特定多数の人物に、電話などをかけて、対面することなく被害者を騙す点です。

代表的なオレオレ詐欺などは、様々な口車で被害者を騙し込み、銀行のATMから現金などを振り込ませる特殊詐欺の一種です。

また、友人や会社の人間役に仕立てた受取人にお金を渡すよう要求する場合もあります。


振り込め詐欺(オレオレ詐欺)の事例

振り込め詐欺を行う者は、息子や孫を装い、「おれだよ、おれ。」などと電話をかけます。

電話に出た相手がうっかり「○○なの?」などと名前を呼んで問いかけると、「うん、○○だけど、実は事故に遭ってすぐにお金が必要になったから、口座にお金を振り込んで欲しい。」などと言って、指定した銀行等の口座に現金を振り込むように仕向けます。

息子や孫を装う場合は、より相手を信じ込ませるために、予め「最近、風邪気味で声が変なんだ。」「携帯電話の番号が変わったから、この番号を登録しておいて。」などと言って周到に段取りをすることもあります。

その他にも、事前に個人情報を入手し、ターゲットをリサーチし、「オレオレ」ではなく個人名を名乗るケースも増えています。

さらに、相手の職業等に応じたシチュエーションを演出するなど、その手口は巧妙になっています。


お金が必要な理由は、交通事故だけでなく、借金の返済や、会社のお金を紛失・横領妊娠や傷害事件の示談金医師や看護師の医療ミスによる示談金や慰謝料など様々です。


また、犯人は単独の場合だけでなく、複数犯のケースもあります。

複数人の場合、劇団のように、それぞれが刑事役や弁護士役、上司役などに扮し、一人の人間を騙すといった複雑で巧妙な手口を取ります。

人を不安に陥れるようにもっともらしい脚本を作り、巧みなグループワーキングで騙します。

この劇団型の詐欺は、タイミングよく相手が電話を変わるので、そのペースに巻き込まれてしまう危険性があります。

そのため、オレオレ詐欺や振り込め詐欺の手口を知っている人でも、冷静さを失い、思いがけず騙されてしまうようです。


中には、振り込みを確認した後、さらに金銭の振り込みを要求してくる犯人もいます。

これは、一度お金を振り込んだ事実を好機と捉え、この人間からはもっとお金を騙し取れると考えるからです。


振り込め詐欺は、ターゲットとする対象者の名簿(カモリスト)を入手していたり、組織内でマニュアルを作成し訓練を行っているという事例も見られるようです。


振り込め詐欺の対策方法

まず、一番大事なことは慌てず、動揺しないことです。

そして、すぐに話を鵜呑みにせず、詐欺を疑って下さい。

可能であれば、電話を切った後に、事実かどうかの確認するようにして下さい。

また、お金を振り込もうと思った場合は、まず家族や親戚、友人、警察に相談して下さい。


また、万一、振り込め詐欺に騙されて、お金を振り込んだ場合は、警察や銀行に届出を出して下さい。


さらに、状況によっては、被害金の全部あるいは一部が支給される「被害回復給付金支給制度」 が使えるかもしれません。

振り込め詐欺の犯人が捕まり、裁判で犯罪で得た財産を没収・追徴する判決が出た場合は、被害金の全部もしくは一部が給付金として返還される場合があります。

被害回復給付金支給制度について、詳しくは、弁護士・司法書士にご相談下さい。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でヤミ金取り立ては無料相談で解決!をフォローしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【闇金相談】ジャパンネット法務事務所

ジャパンネット法務事務所

ヤミ金問題に強い頼れる司法書士
【経験と実績】ジャパンネット法務事務所

詳しく見る ⇒


トップへ戻る