カラ貸しとは

カラ貸しとは

カラ貸し

カラ貸しとは、契約もお金の融資もしていないのにも関わらず、支払いの請求・取立てを行う闇金業者の一種です。

つまり、被害者は一切お金を借りていないにもかかわらず、理不尽に取立てに遭うことになります。


その実態は、一方的に電話やメールなどで取立て行為を行う、架空請求業者に近い存在であると言えます。

カラ貸しの取り立ては、「以前に融資したお金の返済がずっと滞っている。今すぐに返済しろ!」などと恫喝するなど、被害者にとってはまったく身に覚えの無い内容である点が特徴です。


カラ貸しの手口

カラ貸しの手口

カラ貸しを行う違法業者は、以前に、金融業者から借入れをしたことがある人の個人情報リストを名簿販売業者・名簿屋などから入手し、多重債務者を中心に手当たり次第に架空請求をしてきます。

カラ貸しのターゲットになるのは、何度も騙されたことがある人や既に多重債務に陥っている人、お金を管理することが苦手な人などが特徴として挙げられます。

このような特徴を持つ人の個人情報は、カモリストとして名簿屋を通して裏で流れていると言われています。


カラ貸しによる架空請求は、主に電話によって行われます。

何度も借金を重ねている人に対して、「あの時の債務が残っているので、遅延損害金を含めた額を返済して下さい。」などと、ありもしない借金をでっち上げて、一方的に請求をしてきます。

相手の話を断ると、「とりあえず、現在支払い可能な額だけでも良いので、今なら20万円で決着をつけましょう。」と、落とし所を見つけて持ちかけてきます。

カラ貸しの特徴は、相手に考えされる時間を与えず、強引なまでに一方的に返済するよう畳み掛けて来る点です。

架空請求だと気づかれたと感じた場合は、カラ貸しを行うヤミ金業者は、あまり深追いをしてくることはないので、適当にあしらって電話を切るようにして下さい。

逆に、少しでも支払う意思を見せた場合は、しつこく返済をせまってくるケースが多いため、怪しいと感じたら向こうの話に乗らないように気をつけてください。


一度でも、カラ貸しの手口にのってしまい、お金を振り込んでしまうと完全なカモとみなし、その後も請求が続くことになるので注意が必要です。


カラ貸しの対処法

カラ貸しを行う違法業者から電話が掛かってきても、業者には、絶対に氏名、住所、勤務先などの個人情報を教えないようにしましょう。そして、原則こちらから連絡をすることは避けるようにして下さい。

また、「支払わない場合は、家族や知人にも危害が及ぶこともある。」などと、脅迫的な取り立てをしてくる業者もいますが、もはや犯罪であるため警察に届けるようにしましょう。


もし身に覚えの無い債権請求の手紙やメールが届いたら、安易に連絡を取ったり、小額であっても返済することは避けるようにしましょう。

メールに振込先の口座が明記されている場合は、その口座を設けている金融機関に対して、違法に利用されていることを伝えることも有効な手段の一つです。

そして、何より大事になるのが、法律の専門家による事案への介入です。

カラ貸しの被害に遭ったら、まずは弁護士・司法書士に相談をして法的なアドバイスを受けるようにしましょう。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でヤミ金取り立ては無料相談で解決!をフォローしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【闇金相談】ジャパンネット法務事務所

ジャパンネット法務事務所

ヤミ金問題に強い頼れる司法書士
【経験と実績】ジャパンネット法務事務所

詳しく見る ⇒


トップへ戻る