闇金 Q&A

闇金 よくある質問 Q&A

闇金 Q&A

このページでは、闇金に関するよくある質問をまとめています。


Q. 闇金とは、どのような業者ですか?

A. 闇金とは、一般的に法律で定められている利息を超えた高い利息でお金を貸す業者のことをいいます。

また、貸金業を行う際は、国や都道府県知事へ届出を行う必要がありますが、闇金は、貸金業登録をせず貸金業を行う業者のことも指します。


Q. 闇金の手口はどのようなものですか?

A. 闇金は、DM(ダイレクトメール)やFAX、電話などで勧誘したり、電柱やガードレールに張り紙をして勧誘を行います。

闇金は、基本的に破産経験者や多重債務者をターゲットにしています。「即日融資可能」、「ブラックOK」「借金を一本化」などという謳い文句で貸し付けます。

現在、闇金の手口は多様化しており、単にお金を振り込むだけではなく、質屋の形態を持つものや、クレジットカードで物を買わせてそれを安価で買い取ったり、年金を担保に貸し付けるなどの業者が存在します。


Q. 闇金はなぜ捕まらないの?

A. 闇金の手口は、日々巧妙になっています。

従来の闇金は、単に脅迫や嫌がらせを行うことで力づくでお金を返済させるやり方でしたが、現在ではソフト闇金と呼ばれる種類の違法業者が主流になっています。

ソフト闇金とは、従来の闇金とは異なり、優しく丁寧な対応を行う点が特徴です。

嫌がらせや脅迫などを行って無理矢理お金を支払わせるのではなく、友人同士など借り手間の信頼関係を利用してお金を絞り取ります。

ソフト闇金の場合、被害者は相手を信頼しているという特性上、警察や弁護士へ相談することは少ないため、闇金業者が明るみに出ることはありません。


また、警察の調査を受けた場合に証拠が残らないようにしている点も特徴です。

闇金業者は、事務所を持たずに、携帯電話だけで営業している場合があります。また、貸し借りの証拠を無くすために、ジャンプをした際に新しい契約書を作成するなどの手口を使うことがあります。


Q. 借りたら返さなくてもいいの?

A. 結論から言うと、闇金からの借金を返済する必要はありません。

暴利で契約した場合は、不法原因給付(民法第708条)に該当するため、借金そのものの契約が無効となります。

2008年(平成20年)、最高裁判所において「ヤミ金融業者が著しく高利で貸し付けた場合、利息分だけでなく、支払った元本・利息の全額を損害として請求することができる」旨の判断が下されました。

このように、法律と最高裁の判決双方において、借金そのものが無効であり、返済する必要はないのです。


Q. 支払ったお金は取り返せるの?

A. 闇金業者に対して返済してしまったお金は、利息や元本も含めた全額を闇金業者に返還させる権利があります。

これは、前述の2008年(平成20年)、最高裁判所によって、その旨の判決が下されています。

ただし、携帯電話のみで営業している090金融などの、所在が掴めない闇金業者の場合は、任意の交渉で返還させることは困難であると言えます。

そのため、警察への被害届の提出や、裁判所への訴訟提起などの法的手続を取ることが必要となります。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でヤミ金取り立ては無料相談で解決!をフォローしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【闇金相談】ジャパンネット法務事務所

ジャパンネット法務事務所

ヤミ金問題に強い頼れる司法書士
【経験と実績】ジャパンネット法務事務所


詳しく見る ⇒

トップへ戻る