信用屋とは

信用屋

信用屋

キャッシングを受ける際には、契約内容や返済状況といった信用情報が審査に影響します。

信用屋とは、この信用情報を利用して、融資時の審査を名目にお金を騙し取る詐欺の手口、あるいはそれを行う業者のことを言います。


信用屋の特徴

信用屋は、「融資をするためには、信用を付ける必要がある。」などと言葉巧みに促し、信用料という名目で指定口座に小額を振り込ませます。

事前に、「入金確認後に希望額を融資する。」などと説明しますが、口座にお金が入金されたことを確認すると、姿をくらまして連絡がつかなくなります。

そして、その後の融資などは一切しないで、そのままお金を騙し取るのです。


信用屋の被害事例

信用屋詐欺を行う業者に連絡をすると以下のような説明を受けることになります。

「今の段階では本当に返済が可能かどうか信用状況が不明なため、融資をするのは難しいですね。」

「まずは信用を作るために、指定口座に5万円を振り込んで頂ければ、数日後に50万円までの融資が可能となります。」

「当社は闇金ではありません。融資の年利も利息制限法に定められた18%以下となります。」

「事前に振り込んで頂いた5万円にも、18%の利息を付けて後日お返しします。」


入金があれば希望の金額を融資し、信用料も返すという説明だったので、指定口座にお金を振込みました。

しかし、その後、融資の連絡がまったく来ないため、数日後に連絡してみると担当者が不在で分からないと言われ、そのまま融資を受けることなく信用料だけを取られて逃げられました。


この手の詐欺は、小額のお金を振り込めば、希望する金額を融資するなどと人の弱みにつけ込みます。


信用屋の詐欺の手口の特徴としては、以下の通りです。

  • 信用を作るという名目で、信用料を指定口座に入金させる
  • 低い利率や信用料の返済など、ヤミ金とは違う点を強調する
  • 入金確認後は行方をくらまし、融資を行うことはない

このように、信用屋が説明する事前の信用料やその後の融資など、その内容は全くの嘘、出鱈目です。

業者に連絡が取れても、常に担当者は不在、というのがヤミ金が使う詐欺の手口です。

挙句の果てには、業者にも電話が繋がらなくなり、そのままお金を騙し取られて逃げられてしまうことになります。


信用屋への対策としては、「信用を作るために事前に信用料の入金が必要」などと言う言葉に騙されないことです。

そもそも、信用情報は事前入金などで操作できるものではありません。

自分はそんな手口には騙されないと思っていても、相手は詐欺の常習犯・プロなので、巧みなレトリックで融資希望者を騙し、お金を巻き上げようとします。

くれぐれも「信用を作る必要がある」という言葉には注意しましょう。


万一、信用屋にお金を振り込んでしまった場合は、出来るだけ早めに弁護士や司法書士といった専門家に相談しましょう。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でヤミ金取り立ては無料相談で解決!をフォローしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【闇金相談】ジャパンネット法務事務所

ジャパンネット法務事務所

ヤミ金問題に強い頼れる司法書士
【経験と実績】ジャパンネット法務事務所

詳しく見る ⇒


トップへ戻る