ソフトヤミ金とは

ソフトヤミ金 とは

ソフトヤミ金

ソフトヤミ金 は、現在、主流となっている形態の違法貸金業者です。

2010年6月に貸金業法が改正され、総量規制(個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組み)が施行されてから金融業者の審査基準が厳しくなっています。

その影響により、一般の金融機関からお金を借りることができない人がソフト闇金に手を出す事例が増えています。


また、以前であれば、借りることが出来た正規金融業者の廃業が相次ぎ、お金を借りることが出来ない人が増加したことで、以前であればヤミ金を利用することのなかった人達が、ソフト闇金に頼らざるを得ないという悪循環が形成されてしまったとも考えられています。

ソフトヤミ金は、このような今までは消費者金融でお金を借りることが出来ていたけれど、状況が変わって借りることが難しくなった人をターゲットにしています。


ソフトヤミ金の特徴

ソフト闇金の特徴

ソフトヤミ金は、ヤミ金という名前が付いているので、厳しい取り立て追い込み、そして威圧的な恫喝嫌がらせを行うなどの怖いイメージを持たれるかもしれません。

しかし、普通のヤミ金とは異なり、ソフト闇金の電話対応は非常に丁寧な語り口で、借主からの問い合わせにもよく耳を傾けてくれます。

場合によっては様々な相談に乗ってくれたり、親身にアドバイスを行うなど、真摯な対応をすることで利用者にプラスの印象を抱かせます。


このように書くと、一般的な消費者金融と変わらないのではないかと思うかも知れませんが、名前にヤミ金と付いている通り違法業者であることに変わりありません。

ソフトヤミ金の金利は、当然、出資法の上限金利を越えた違法な貸し付けです。

また、借主と信頼関係を築くことは、警察弁護士司法書士へ相談に行くことを止めさせ、継続的に利息を得ることが目的だからなのです。


このような特徴から、主婦やフリーターでも気軽に借りることができるソフト闇金問題は、表面化せずに裏で深刻化していると言われています。


ソフトヤミ金の金利

ソフト闇金とは、トサントゴなどの法外な金利を取る闇金業者よりは金利が低く、取り立てもそれほど過酷ではない闇金業者のことを言います。

闇金の場合は、1週間~10日で5割などの高金利で貸付けますが、ソフトヤミ金は2週間、またはそれ以上のサイクルで3割程度の金利で貸付をします。

ソフトヤミ金の金利は通常の闇金の金利から考えれば、低く設定されていますが、消費者金融やクレジット会社などの正規の金融業者から考えれば法外な金利となっています。


一見すると、利用しやすい金融業者だと感じますが、当然、出資法の上限金利を越える貸付を行っているので、違法であることには間違いありません。


ソフトヤミ金の返済周期

ソフト闇金を長期間に渡って頻繁に利用し付き合いが深くなった場合や、高額の融資を受けている場合は、返済期間も1ヶ月まで延長してくれる場合があります。

返済が難しい場合に、資金繰りが苦しいことを相談をすると、返済期間を1ヶ月以上に延長してくれることもあります。


ソフトヤミ金の取り立て

ソフトヤミ金は、厳しい取り立てもなく、返済が遅れそうな場合には、事前に連絡し相談すれば返済日を延ばしてくれます。

しかし、返済が滞れば通常のヤミ金と同様に、借主の住居に取立てに行ったり、家族や友人に対して返済をするように連絡を入れます。

この時ばかりは、一般的な闇金と同じように激しい取り立てをします。契約者を脅すようなこともすれば嫌がらせも平気で行います。

ソフトヤミ金といっても闇金に違いはありません。一見してソフトで親切な対応も利用者を安心させる手段に過ぎないのです。


ソフトヤミ金の手口

ソフト闇金の手口

友人間のネットワークを利用する

ソフトヤミ金の勧誘手口は、広告DMで勧誘するという方法ではなく、既存の顧客の友人同士を紹介させて顧客を増やしていくという手法が一般的です。

「ソフト闇金は通常の金融業者よりも金利は高いけれど、即借り入れ可能で怖い人たちじゃない」などと友人を誘うように仕向けます。


そして、返済が滞れば、ソフト闇金業者は借り入れをした本人ではなく、友人達に対し、利息分だけでも支払うように言ってくれと持ちかけます。

借りた本人は、友人に迷惑をかけたくないという気持ちから、「利息分だけなら」と、業者に違法利息分を支払ってしまうのです。

さらに、返済能力がなくなり借主が自己破産などの言葉を口に出せば、「友人たちにも迷惑がかかる」と言い、別の返済手段をアドバイスします。場合によっては就職口を紹介することもあります。

その後、同じようなグループ業者を紹介し、同じような高金利で貸し付けを行い、闇金の泥沼に陥れるのです。


トラブルになるとあなたの人間関係に深刻な影響をおよぼすことになります。

もちろん、あなたの社会的な立場が危ういものになるという恐れもあることを忘れてはいけません。


WEBサイトで勧誘を行うソフトヤミ金

最近では、インターネット上にWEBサイトを開設して、勧誘を行うソフトヤミ金も散見されます。

ソフトヤミ金のWEBサイトは、自らが闇金であることを堂々と公言して、違法な貸し付けを行っています。

サイト上には、貸金業の登録番号や運営者情報などを掲載せずに、サイト運営をしていますが、これは貸金業法に違反する行為です。

また、WEBサイトで集客をするソフトヤミ金の多くは、7日で2割10日で3割14日で4割などの高金利を謳っているのが特徴です。

加えて、ネットで営業しているソフト闇金は、利息以外で取ることは許されていない不当な手数料を取ることも特徴の一つとして挙げられます。


このようなソフトヤミ金のサイトをネット上で見かけても、絶対に申し込まないように注意して下さい。


ソフト闇金業者の目的は、元金の早期取り立てではなく、高額利息の長期に渡る徴収です。


一度でもソフトヤミ金を利用してしまうと非常に長い間苦しめられることになります。闇金の違法性をよく理解して、自分で対応出来ない場合は闇金問題を専門に扱う弁護士や司法書士などの専門家の助けを求めて下さい。

ソフトヤミ金で借りてしまい返済に苦しんでいる方は、いち早く相談することをおすすめします!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でヤミ金取り立ては無料相談で解決!をフォローしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【闇金相談】ジャパンネット法務事務所

ジャパンネット法務事務所

ヤミ金問題に強い頼れる司法書士
【経験と実績】ジャパンネット法務事務所

詳しく見る ⇒


トップへ戻る