システム金融とは

システム金融 とは

システム金融

90年代に、バブル崩壊を契機とした長引く経済不況を受けて、銀行の貸し渋りが社会問題となりましたが、システム金融は、このような社会情勢を背景に現れた違法金融業者です。

システム金融は、一つのヤミ金業者が単独で行動するのではなく、複数のヤミ金業者がグループを形成し、互いに連携して違法な貸し付けを行います。

システム金融は、主に、事業資金の融資先に困った自営業者を主なターゲットにしており、複数のヤミ金業者が最終的には会社を倒産にまで追い込みます。



システム金融の特徴

システム金融 特徴

破産者や多重債務者を主にターゲットにしているヤミ金融や、学生や主婦などをメインターゲットにしているソフト闇金とは異なり、主に中小企業の自営業者をターゲットにしています。

銀行などの金融機関から貸し渋りに遭い、融資を受けたいけれど受けることが出来ず資金繰りに困っている中小企業経営者に対し、電話やファックス、ダイレクトメールなどで融資を持ちかけます。

システム金融は、単独の違法金融業者ではなく、大元の経営者が経営する複数の違法金融業者がグループを形成し活動しています。


システム金融の勧誘

資金繰りに困った中小企業の自営業者等に対して、即日融資などの謳い文句を載せたDMやFAX等で勧誘します。現在、システム金融の勧誘は、FAXがメインです。

FAXには、「融資決定通知」「融資枠をご用意致しました」「○○○万円まで融資可能」「年利1%~」などと記載があり、すぐに低金利で高額な融資が受けられるかのような内容の文面を用いている点が特徴です。


システム金融 融資までの流れ

システム金融とは知らず勧誘に、勧誘FAXに応じて申込書を送付し融資を申し込むと、システム金融から電話があり、経営状況や融資希望額等の聞き取りを受けることになります。

審査の結果、当初の提示内容での融資はできないなどと難癖をつけられ、高金利での融資を提案されます。

システム金融は、借主に対して手形・小切手を現金書留で郵送するように促します。※システム金融指定の住所は、私設私書箱であるケースが多いようです。

その後、システム金融は、借主の銀行口座へ希望金額を入金します。

悪質な業者になると、手形や小切手を担保に取っただけで、融資を行わない悪質な詐欺業者も存在します。


システム金融の手口

システム金融 手口

システム金融業者は、連絡の際に電話代行業者を利用したり、プリペイド式携帯電話などで行います。

手形や小切手の送り先は、郵便局留めにするなどして、足がつかないように取り引きを行います。

システム金融は、面談なしで手形や小切手を担保として郵送させ、法外な高金利で融資するヤミ金業者です。

中小企業経営者は、手形・小切手が不渡りになるのを恐れて、元本と共に利息を返済しようとしますが、違法な高利息のため簡単に返済することは出来ません。


そして、借主が返済に困窮していると思われる頃合を見計らって、同じグループの別のヤミ金業者が同じようにDMやファックスを送りつけて融資を持ちかけてきます。

このように複数のグループが連携してシステマチックに貸付を行うことから「システム金融」と呼ばれています。


一度でもシステム金融を利用してしまうと、上記のようなパターンを繰り返し、次第に借金が膨らんでいくことになります。

不渡りを回避しながら事件を解決することは非常に難しくなるため、万が一、システム金融から借入をしてしまった場合は早めに専門家に相談することをおすすめします。

弁護士・司法書士といった法律の専門家が介入し、刑事・民事上の法的対処を示唆することで、かなり高い確率で小切手や手形の返還が期待できます。

システム金融業者は、法的な責任追及を恐れているため、すでに交換に回しているケースでも、依頼返却をして手形・小切手を返して来る場合が多いようです。


闇金に強い弁護士事務所では、システム金融にも対応しています。手遅れになる前に、早めの相談で早期解決を図りましょう。


記事
システム金融とは
タイトル
システム金融とは
説明
中小企業経営者を狙うシステム金融の特徴についてまとめたページです。
執筆者
メディア
ヤミ金取り立ては無料相談で解決!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でヤミ金取り立ては無料相談で解決!をフォローしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


トップへ戻る