登録詐称業者とは

登録詐称業者

登録詐称業者

多くの闇金業者は、国や都道府県への登録を行わずに貸金業法に違反した営業を続けています。


本来、貸金業者を営む者は、内閣総理大臣(財務局長)もしくは都道府県知事の許可を得て貸金業登録番号を取得し、その登録番号を広告などに記載して営業を行うことが義務付けられています。

また、貸付条件の広告には必ずこの登録番号を表示することが義務付けられています。

登録詐称業者は、貸金業登録を行わずに貸金業を行う無登録業者の中でも、架空の登録番号を使用して営業、勧誘を行う違法金融業者(ヤミ金融)のことを言います。


無登録業者とは
無登録業者とは、実在する貸金業者を装って融資の勧誘を行う闇金業者のことを言います。正規の金融業者の会社名や商号、貸金業登録番号、所在地などを不当に騙り、営業を行っている悪質な違法業者です。ヤミ金は様々な種類、手口で利用者を募りますが、その中で最も被害が多いのがこの無登録業者(登録詐称業者)だと言われています。

登録詐称業者の特徴

登録詐称業者とは、DM(ダイレクトメール)やチラシ、WEBサイトなどの表示に、架空の登録番号を使用したり、実在する正規の業者(消費者金融・クレジット会社・リース会社・信販会社など)の登録番号を勝手に詐称することで、登録業者を装う違法貸金業者です。

貸金業登録番号を詐称することで、利用者にあたかも正規の貸金業者であると誤認させます。

さらに、貸金業登録番号だけでなく、正規業者の名称をそのまま使用したり、よく似た名称を名乗る場合もあります。


利用者は、正規業者と勘違いして、登録詐称業者へ申し込みをする場合もあるため、非常に悪質な手口であると言えます。


登録詐称業者の見分け方

登録詐称業者 見分け方

登録詐称業者は、闇金が行う手口としてはオーソドックスなものです。

このような詐称業者の見分け方としては、財務局や都道府県の貸金業担当課に問い合わせることで、実際に登録されている業者なのか調べることが出来ます。

また、各県民局・県民センター商工労政課に問い合わせるという方法でも確認することが出来ます。

また、金融庁では、「登録貸金業者情報検索サービス 」を設けています。

借り入れをしようとしている業者が、正規の登録業者であるかどうかを調べるには、このような検索サービスを利用するという方法もあります。


実際に、貸金業者から借入をする場合は、登録番号の確認だけでなく、利息計算や返済方法、契約内容などの詳細をきちんと説明してくれる業者を選ぶようにしましょう。

申し込み時に杜撰な説明や調子の良い言葉ではぐらかす場合は、ヤミ金融の可能性があります。


ヤミ金の勧誘方法
ここでは、ヤミ金融が行う様々な勧誘の手口を紹介します。貸金業者が行う勧誘は、特定商取引法による取り締まりの対象にありますが、基本的には、DM(ダイレクトメール)、チラシ、電話での勧誘行為自体は違法ではありません。しかし、業者が行う勧誘に関しては、次のような決まりが定められています。

そして、申し込む前に、ダイレクトメールやチラシなどの低金利や好条件といった広告内容が、過大広告ではないかよく確認するようにして下さい。

もし、借入を申し込んだ貸金業者がヤミ金融だったと気づいた場合は、ヤミ金問題に強い弁護士・司法書士といった法律の専門家に相談するようにしましょう。


闇金に強い弁護士
闇金融からの取り立て、嫌がらせ被害や、違法金利による法外な利息の支払いの相談は、闇金問題を専門とする弁護士事務所が頼りになります。弁護士事務所であれば、ヤミ金に対する対応の幅が広がるので、問題の早期解決が期待できます。このページではヤミ金問題に強い弁護士事務所を紹介しています。
闇金に強い司法書士
ヤミ金融に関する被害の相談は、何処に相談しても同じと言う訳ではありません。一口に法律の専門家と言っても、事務所ごとに得手不得手があります。 そのため、ヤミ金からの取立てや嫌がらせ、返済に関する相談は、ヤミ金問題を専門に扱っている司法書士に相談する必要があります。 このページでは、ヤミ金問題に強い頼れる司法書士を紹介しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でヤミ金取り立ては無料相談で解決!をフォローしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る