ヤミ金の借金を踏み倒して逃げたらどうなる?

ヤミ金の借金を踏み倒して逃げたらどうなる?

ヤミ金から逃げる前に

ヤミ金の貸付は、超高金利な暴利行為であるため、次第に返済が苦しくなり『逃げる』という方法を考える方も多いようです。


ヤミ金の貸し付けは、公序良俗に反する不法な原因に基づいた給付(不法原因給付)であるため、元金も返済不要であるとの最高裁判決が下っています。

そのため、原則、ヤミ金に借りたお金を返済する必要はありません。

だからといって、お金を支払わずにヤミ金から逃げてしまうのは非常に危険です。


「ヤミ金からお金を借りてしまったけど、返済できないから逃げる。」という方法を、数ある選択肢の中から選ぶ前に、まずは冷静になってヤミ金側の思考について考察してみましょう。


ヤミ金の行動原理

ヤミ金の行動原理

ヤミ金業者の中には、感情論で行動する者も少なからず存在します。

基本的にヤミ金業者の多くは、損得勘定を優先して行動しますが、中には自分の気に障ることがあると徹底的に対象者に対して嫌がらせをしようとする者もいます。

このようなヤミ金業者に対して、返済をせずに逃げるなどの選択をすると、後々面倒なことになるため注意が必要です。


ヤミ金への支払いを拒否して、行方をくらます(踏み倒す)ということは、自分達に対する直接的な反抗だと解釈するヤミ金業者も存在します。

このようなヤミ金業者は、非常にタチが悪く、どこまでも執拗に逃げた借主を探し出そうとします。ちなみに、ヤミ金は、返済出来ずに逃げ出した顧客のことを俗に『トビ』と言います。


ヤミ金は、行方をくらました人物の親や兄弟、親戚、友人、知人、勤務先、近隣などに連絡を取り、その後の足取りを掴もうと行動します。

また、場合によっては、その際に親族や友人・知人に立て替えを要求したり、脅しや嫌がらせを行うこともあります。


つまり、ヤミ金業者は、踏み倒して逃げる者に対してメンツを潰されたと考え、どのような手段を使ってでも回収しようとするのです。


ただし、これはヤミ金トラブルの中でも悪質なケースです。

よっぽど反感を買うような言動をとった場合などは、このような問題に発展します。


しかし、多くのヤミ金業者は、取り立てを行う際の時間や費用などを勘案して、採算に合わないと考えると手を引きます。

なぜなら、違法な存在であるヤミ金であっても、暴利行為をビジネスとして考えているからです。

そのため、ある程度の期間までは金利の取り立てを行いますが、その期間を過ぎると回収出来る確率が低いと考え、新規の顧客を開拓し新たな貸し付けを行います。

この場合のある程度の期間とは、1ヶ月~2ヶ月程度である場合が多いようです。


ヤミ金 逃げる

そもそも、ヤミ金側としても、顧客が返済不能に陥り、逃げ出すことを最初から想定しています。

つまり、はじめから焦げ付くことを考慮に入れて、お金を貸し出しているのです。


そのため、ヤミ金は、初めて申し込んできた者に対して、3~5万円程度の少額しか貸し付けることはありません。

このような小口融資にこだわる理由は、回収不能になるリスクを常に懸念しているからなのです。


つまり、顧客の返済能力が無くなり、たとえ逃げ出したとしても、その間に元金を超える金利を得ることが出来れば問題ないと考えているのです。


はじめから逃げるつもりでお金を借りるのは危険

はじめから逃げるつもりでお金を借りるのは危険

ヤミ金も回収不能になることを承知で貸し付けを行っていることは事実です。

それ以前に、ヤミ金の貸付は違法であるため、その貸付行為自体が無効となり、返済義務はありません。


だからといって、はじめから踏み倒して逃げることを前提に、ヤミ金から借入をすることは非常に危険です。

はじめから身分を偽って借入をしたり、一度も返済の事実がなく明らかな借り逃げだと分かった場合は、詐欺罪に問われることもあるからです。


また、ヤミ金業者としてもメンツに関わるため、借り逃げ(借りパク)をするような人間には徹底的に回収しようと行動します。

中には、取り立てこそ本分だと考えているヤミ金もいます。


このようなヤミ金から借りて逃げると、グループの情報網などを手がかりに、血道を上げて執念深く探し出そうとします。

もし、居場所を特定されて捕まってしまった場合、その後に待ち受けているのは、凄惨なものであることは想像に難くないはずです。


ヤミ金からお金を借りて逃げることは止めて下さい。


万一、ヤミ金からお金を借りてしまい、返済に困った場合は警察やヤミ金問題を専門に扱う弁護士・司法書士に相談をして下さい。

専門家が適切な方法で対応すれば、取り立てや嫌がらせは、最短即日でストップします。

それだけでなく、今まで支払っていた不当な金利が返って来る場合もあります。


ヤミ金の取り立てから逃げようと思っても実際にはそう簡単に行かない場合も多いため、ヤミ金のことで困ったことがあれば、無料相談などを活用して、ベストな解決策を選択することをおすすめします。


闇金に強い弁護士
闇金融からの取り立て、嫌がらせ被害や、違法金利による法外な利息の支払いの相談は、闇金問題を専門とする弁護士事務所が頼りになります。弁護士事務所であれば、ヤミ金に対する対応の幅が広がるので、問題の早期解決が期待できます。このページではヤミ金問題に強い弁護士事務所を紹介しています。
闇金に強い司法書士
ヤミ金融に関する被害の相談は、何処に相談しても同じと言う訳ではありません。一口に法律の専門家と言っても、事務所ごとに得手不得手があります。 そのため、ヤミ金からの取立てや嫌がらせ、返済に関する相談は、ヤミ金問題を専門に扱っている司法書士に相談する必要があります。 このページでは、ヤミ金問題に強い頼れる司法書士を紹介しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でヤミ金取り立ては無料相談で解決!をフォローしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【闇金相談】ジャパンネット法務事務所

ジャパンネット法務事務所

ヤミ金問題に強い頼れる司法書士
【経験と実績】ジャパンネット法務事務所

詳しく見る ⇒


トップへ戻る