ヤミ金のジャンプとは

ヤミ金 ジャンプ

ジャンプとは

ヤミ金への返済時において使用される、ジャンプスキップ)などという専門用語を耳にしたことがある方も多いかもしれません。

では、この返済時におけるジャンプとは、どのような行為を意味する言葉なのでしょうか?


ジャンプとは、返済期日に決まった返済額を払えない場合に、闇金に対して利息分だけを支払うことを言います。

このジャンプという行為は、極めて危険な行為であるということを理解しておいて下さい。


ジャンプをすることで借金は膨れ上がる

ジャンプをすることで借金は膨れ上がる

借主が、返済期日にヤミ金に返済が難しいことを告げると、「あなたは正直に返済が出来ないことを言ってくれたので、期日をジャンプしてあげましょう。」などと言って返済期日を延ばしてくれます。

ジャンプをすることで、一時的にヤミ金への返済を免れることが可能です。

しかし、ジャンプをするには、ヤミ金に利息分を支払わなければいけません。

この時に支払うお金は、あくまでも利息分だけであり、元金部分を返済することはありません。

そのため、元金の返済は先延ばしとなるため、ジャンプを繰り返していると、トータルの返済金額は膨らむ一方となります。


利息だけを返済するパターンにはまってしまうと、返済が困難になり、行き詰まるようになることは火を見るより明らかです。

最悪の場合は、利息分すら払えなくなる場合もあり、日を増すごとに、どんどんと借金が雪だるま式に増えていくことになります。


ジャンプ 借金地獄

借主の中には、ジャンプをすることで返済を待ってくれるため、融通が利くありがたいシステムだと考える方もいるかもしれません。

しかし、ジャンプをすることで、一時的に返済を凌げるかもしれませんが、現実には、状況は悪化していく一方なのです。

ヤミ金は、借主にジャンプをさせることで延々と利息分が入ってくるため、ジャンプをさせることは好都合だと考えています。

当然、元金を返済させずに利息だけを取り続ければ、近いうちに利息の合計が元金を超えることになります。

闇金にとっては、借主に元金を返済させなければ、理論上は半永久的に利息を搾取し続けることが可能になるのです。

ちなみに、闇金は返済に困った利用者に対して、最低でも3回はジャンプさせると言われています。


一般的に「ジャンプ」という言葉は、明るくポジティブなイメージを持つ言葉ですが、ことヤミ金の世界においては、ジャンプという言葉は非常に恐ろしい意味を持つのです。


消費者金融とヤミ金のジャンプの違い

消費者金融とヤミ金のジャンプの違い

正規の金融業者である消費者金融(サラ金)のジャンプは、ヤミ金のジャンプとは意味合いが異なります。


消費者金融のジャンプ

消費者金融のジャンプとは、返済日に返済額の一部を後日に繰り越すことを言います。

これを「利息一部払い」と言います。

つまり、返済日に返済するはずの決められたお金を、全額返済しなくても、一部だけでも返済すれば延滞扱いにならずに、返済日が先延ばしになるのです。

ただし、基本的に消費者金融のジャンプは、消費者保護の観点から1回のみと限られています。

ジャンプを行うということは、債務者が返済困難で末期的な状態である場合を意味するため、返済能力がないとみなされ、ネガティブな印象を持たれるからなのかもしれません。

とはいえ、実際にはジャンプを認めている消費者金融は一部しか存在しません。


ヤミ金のジャンプ

一方、ヤミ金のジャンプは、元金を返済させずに、高い利息だけを定期的に効率よく取ることが目的化しているので、消費者金融のジャンプに比べて悪質です。

「延々とジャンプをさせて、利息分だけを搾取する」のがヤミ金の狙いです。

正規の金融業者であれば、ジャンプは悪いイメージで語られることが多い言葉ですが、ヤミ金にとっては、「これほど旨い話はない。」ということになるのです。

つまり、ジャンプを繰り返す利用者は、カモであると判断されるのです。


消費者金融のジャンプは元金と利息を均等に返済、ヤミ金は利息のみ

消費者金融のジャンプは、元金と利息に対して均等に返済分の割り当てを行います。

しかし、ヤミ金のジャンプの場合は、利息のみの支払いをするため、元金が減ることはないのです。


ヤミ金のジャンプを消費者金融のジャンプと混同して安易に行ってしまうと、最終的に被害金額はかなり膨大なものとなります。

ヤミ金が提案してくるジャンプを、返済を猶予してくれるものと考えるのは、非常に危険です。絶対にジャンプはしないように注意して下さい。


ヤミ金におけるジャンプの事例

ヤミ金からトサン(10日で3割)で10万円を借りて、一ヶ月(30日)ジャンプをし続けた場合は、以下のようになります。


日数概要合計返済額
借入日ヤミ金融からトサンで10万円を借入れる
10日後ヤミ金融へ元金(10万円)と利息(3万円)を合わせた13万円を返済する必要がある

ヤミ金融へジャンプを申し入れる

利息分の3万円だけを支払う
3万円
20日後ヤミ金融へ元金(10万円)と利息(3万円)を合わせた13万円を返済する必要がある

ヤミ金融へジャンプを申し入れる

利息分の3万円だけを支払う
6万円
30日後ヤミ金融へ元金(10万円)と利息(3万円)を合わせた13万円を返済する必要がある

ヤミ金融へジャンプを申し入れる

利息分の3万円だけを支払う
9万円

このように返済期日ごとにジャンプをすれば、30日間で、9万円という高額な利息を支払うことになります。

しかし、元金の10万円は、常に変わることなくそのままの状態です。

40日目には、合計返済額は12万円になるので、その時点で利息は元金を上回ります。

つまり、半永久的に利息だけを支払う状況となるため、結果として借入れ額以上の高額の返済をしている事になるのです。


始めからヤミ金に手を出さないのであれば、それに越したことはありませんが、万一ヤミ金からお金を借りてしまった場合でも、ジャンプだけは絶対にしないように注意して下さい。

ヤミ金からの借金が返済できない、いつまでたっても元金を返済させてもらえない、などという場合は、今すぐにでも弁護士・司法書士に相談してください。

ヤミ金問題に強い、専門の弁護士・司法書士であれば、最短即日で取り立てをストップしてくれます。

また、ヤミ金に返済し続けた利息分が戻ってくる場合もあります。


闇金に強い弁護士
闇金融からの取り立て、嫌がらせ被害や、違法金利による法外な利息の支払いの相談は、闇金問題を専門とする弁護士事務所が頼りになります。弁護士事務所であれば、ヤミ金に対する対応の幅が広がるので、問題の早期解決が期待できます。このページではヤミ金問題に強い弁護士事務所を紹介しています。
闇金に強い司法書士
ヤミ金融に関する被害の相談は、何処に相談しても同じと言う訳ではありません。一口に法律の専門家と言っても、事務所ごとに得手不得手があります。 そのため、ヤミ金からの取立てや嫌がらせ、返済に関する相談は、ヤミ金問題を専門に扱っている司法書士に相談する必要があります。 このページでは、ヤミ金問題に強い頼れる司法書士を紹介しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でヤミ金取り立ては無料相談で解決!をフォローしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【闇金相談】ジャパンネット法務事務所

ジャパンネット法務事務所

ヤミ金問題に強い頼れる司法書士
【経験と実績】ジャパンネット法務事務所

詳しく見る ⇒


トップへ戻る