ヤミ金とは

闇金融(ヤミ金)とは

闇金融(ヤミ金)とは

ヤミ金(闇金融・ヤミ金融・闇金)とは、出資法(金融業者は年率20% 、金融業者以外は年率109.5%が上限金利)に違反した高い金利で貸付を行う者のことをいいます。原則、出資法に違反した場合は、刑事罰の対象になります。

しかし、ヤミ金融は、そもそも貸金業法で義務付けられている国や都道府県への「貸金業登録」をしないで貸金業を営んでいるため、法律に違反してもお構いなしという認識で違法貸付を行っているのが現状です。

中には貸金業登録を行って営業している業者も存在しますが、出資法の上限金利を大きく超える金利を取っている場合は、違法なヤミ金融であると判断して下さい。


また、ヤミ金は、返済が滞ると、法律や人権を無視した取り立て(深夜、職場、家族、親戚などへの恫喝・嫌がらせ)を行うことが特徴です。

そのため、ヤミ金からの被害により、生活が破綻してしまったという事例は枚挙に暇がありません。


ヤミ金は違法な貸金業者

ヤミ金は、貸金業者としての登録をしていないので、「あくまでも個人間貸付である」と主張する者も存在しますが、その主張は決して認められるものではありません。

ヤミ金は、業として金銭の貸し付けを行っており、友人・知人を問わず不特定多数と取引している実態があるため、紛れもなく貸金業者であると言えます。

もちろん、組織ではなく、個人で貸し付けを行っている場合も同様です。

つまり、ヤミ金とは、金銭の貸付を行う貸金業者であるにも関わらず、貸金業法を守らない違法貸金業者のことを指します。

そのため、個人間貸付とは明確に区別されます。


ヤミ金の金利

かつて、ヤミ金融の金利はトイチ(10日で1割)で貸付けるのが主流でしたが、最近ではトサン(10日で3割)トゴ(10日で5割)といったさらに高金利での貸付けも珍しくないようです。


例えば、100万円をトゴでヤミ金から借りた場合は、1年後には約3091万円にも膨れ上がることになります。

ヤミ金の金利は、単利ではなく複利で計算されることが多いため、その数字は膨大なものになります。

ヤミ金業者の代表的な金利については以下の通りです。


トイチ(10日で1割)年利:365%(単利)
年利:3142%(複利)
トサン(10日で3割)年利:1095%(単利)
年利:1441791%(複利)
トゴ(10日で5割)年利:1825%(単利)
年利:267504316%(複利)

金利計算

利息の計算方法

元金(円) × 金利(%) × 借入期間(日数) ÷ 365日 ÷ 100 = 利息(円)

金利(年利)の計算方法

金利(%) = 利息(円) × 365日 ÷ A日 × 100 ÷ 借りたお金(円)


例えば、闇金から5万円を借りたとします。実際に受け取ったお金は4万円でした。

10日後に支払う利息が1万5千円だと仮定した場合、計算式は以下の通りです。

1万5千円 × 365日 ÷ 10日 × 100 ÷ 4万円

1368.75%

ヤミ金業者は、上記のような出資法の上限金利(貸金業者として年率20%を超えた貸付、または 貸金業者としてではなく年率109.5%を超えた貸付)を大きく超える違法な金利で貸付を行います。


ヤミ金の金利・利息について
ヤミ金は、一般的な消費者金融などとは異なり、出資法に違反する高金利を取る違法貸金業者です。一昔前までは、ヤミ金融の利息といえば、トイチ(10日で1割)が一般的でしたが、最近では、トサン(10日で3割)、トヨン(10日で4割)、トゴ(10日で5割)など、さらに法外な利息を取る傾向にあります。

無登録業者かどうかを確認

ヤミ金融の中には貸金業登録をしているところもありますが、多くの場合、貸金業登録をせずに営業を行っています。

貸金業を営む者は、貸金業法に基づいて財務局長または都道府県知事の登録を受けなければなりません。

この財務局長または都道府県知事の登録を受けていない、無登録業者は貸金業を営むことは出来ません。


融資を持ちかけるダイレクトメールや広告を目にした場合は、貸金業登録番号を確認しましょう。

貸金業登録番号は、以下のように記載されています。


登録番号(例)

○○県知事(○)○○○○○号

○○財務局(○)○○○○○号


ただし、登録番号を明記している業者であっても、正規業者の名称や番号を詐称している場合もあります。

そのため、登録番号の有無だけでヤミ金業者かどうか判別することは難しいと言えますが、少なくともこの登録番号を明記していない貸金業者はヤミ金であると考えることが出来ます。

申し込もうと考えている貸金業者がヤミ金かどうか調べる場合は、主たる営業所等の所在地を管轄する財務局、または都道府県の貸金業担当課に問い合わせて、実際に登録されているかどうかを確認して下さい。


ヤミ金の勧誘

ヤミ金融は、通常、DM(ダイレクトメール)、チラシ、FAX、電話などで勧誘を行います。

DMやチラシなどに記載しているキャッチフレーズには、「無審査」「低金利」「ブラックOK」「即日融資可能」などといった、非常に条件の良い謳い文句を多用している点が特徴です。

また、DMやチラシに記載される連絡先は、固定電話の番号ではなく、「090」などから始まる携帯電話の番号である場合が多く見受けられます。

携帯電話番号だけを連絡先として、掲載している広告は、貸金業法に違反するため、ヤミ金の広告だと判断するようにして下さい。


さらに、ヤミ金の広告には、貸金業登録番号の記載がない場合が多く、仮に掲載している場合でも、正規業者の番号を詐称している可能性が高いようです。

これらの場合も、貸金業法に違反するため注意が必要です。


ヤミ金の勧誘方法
ここでは、ヤミ金融が行う様々な勧誘の手口を紹介します。貸金業者が行う勧誘は、特定商取引法による取り締まりの対象にありますが、基本的には、DM(ダイレクトメール)、チラシ、電話での勧誘行為自体は違法ではありません。しかし、業者が行う勧誘に関しては、次のような決まりが定められています。

ヤミ金の手口

ヤミ金融は、審査などの関係で消費者金融などで借りることが出来ない人を、主なターゲットにしています。

つまり、支払い能力がない人をメインに貸付を行うのです。


ヤミ金融が支払能力の無い破産者や多重債務者を狙う理由としては、貸したお金の回収に自信があるからです。


闇金は、法律を遵守して貸金業を営んでいる業者とは違い、貸付けたお金の回収に手段を選ぶことはありません。

そして、闇金は債務者の心理をよく熟知しています。

債務者が一番困るのは、自分が返済しないことで、親や兄弟、知人、自分の勤めている会社に迷惑が掛かることなのです。

自分のせいで周囲に迷惑をかけることを嫌がる債務者は、どのような手段を使ってもお金を工面して支払おうとするため、ヤミ金融はこのような債務者の心理を利用して、周囲の人達に迷惑行為を行います。

このように、違法な取り立てや嫌がらせをするだけで貸付けた金額の何倍ものお金を回収することが出来るため、どこからも借入れをすることが出来ない破産者や多重債務者は、ヤミ金にとってよいお客さんなのです。


ヤミ金がターゲットにしている人の特徴とは
ヤミ金融は、お金に困っている債務者の弱みに付け込み、法外な利息と苛烈な取立てによって膨大なお金を搾取する違法業者です。一度でもヤミ金を利用してしまうと、半永久的に利息だけを支払い続けることになり、はじめに借り入れをした元金は減ることなく一方的に搾取され続けることになります。

返済時のジャンプ

ヤミ金への返済が困難になると、利息を支払うことで返済期日を延ばしてくれます。

この行為を一般的に、「ジャンプ」と言います。


しかし、これはヤミ金がよく使う手口であり、注意しなければならないものです。

この誘いにのって利息を支払ってしまうと、元金は一向に減らず、利息だけを延々と支払うことになるため、最終的には返済困難に陥ります。

ヤミ金は、ジャンプをして利息分を払ってくれる顧客をいいカモだと思っています。

闇金からジャンプを提案してくる場合は、十分に気をつける必要があります。


ヤミ金のジャンプとは
ヤミ金への返済時において使用される、ジャンプ(スキップ)などという専門用語を耳にしたことがある方も多いかもしれません。 では、この返済時におけるジャンプとは、どのような行為を意味する言葉なのでしょうか?このジャンプという行為は、極めて危険な行為であるということを理解しておいて下さい。

ヤミ金問題に対応している弁護士一覧

ヤミ金問題に対応している司法書士一覧


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でヤミ金取り立ては無料相談で解決!をフォローしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【闇金相談】ジャパンネット法務事務所

ジャパンネット法務事務所

ヤミ金問題に強い頼れる司法書士
【経験と実績】ジャパンネット法務事務所


詳しく見る ⇒

トップへ戻る