融資保証金詐欺とは

融資保証金詐欺 とは

融資保証金詐欺

融資保証金詐欺 とは、保証金などの名目で金銭を詐取する詐欺のことを言います。

最近では、違法業者が実在する正規の大手金融機関や貸金業者の名前を勝手に名乗り、勧誘を行うケースが増えています。


融資保証金詐欺の特徴

融資保証金詐欺を行う違法業者は、実際には融資をしないにもかかわらず、申込者に対して保証金が必要になると言って指定口座に金銭の振込みを指定してきます。

このような詐欺を行う違法業者は、保証金の他にも、解除手数料保険料信用情報登録料供託金など様々な名目でお金を騙し取ろうとします。


融資保証金詐欺の手口

融資保証金詐欺は、電話やダイレクトメール、チラシ広告、雑誌などを見て申し込んできた利用者に対して、「融資をするにあたって、まずは信用をつけるため、保証金を支払って貰う必要がある。」などと金銭の振込みを要求してきます。

業者は色々な言葉で都合の良い説明をしますが、実際は保証金を支払っても一切融資を行うことはありません。

また、詐欺に気づいて解約を申し込んでも、さらに解約金を請求される事が多いため、極めて悪質な詐欺であると言えます。


融資保証金詐欺の被害事例

大手消費者金融の名称やロゴを使用したダイレクトメールが送られてきたので、融資を受けるために記載されていた電話番号へ連絡しました。

しかし、その連絡先は実際の消費者金融のものではなく、詐欺業者が騙る偽者の番号でした。

電話に出た詐欺業者は、「融資はすぐに決定します。あなたは、初めて利用するので、まずは信用をつけるため(支払い能力を確認するため)に保証金が必要になります。」

「振込んでもらった保証金は、融資を実行する際に必ず返済します。」などと言葉巧みに説明します。

しかし、業者は初めからお金を騙し取ることを目的としているため、その後は業者と一切連絡を取ることが出来なくなり、お金が返ってくることはありませんでした。


融資保証金詐欺の手口2

フランチャイズチェーン等の事業を行う希望者(フランチャイジー:加盟者・加盟店)を募る場合があります。

この場合も保証金や加盟金、ロイヤルティー等と称して金銭を徴収します。

しかし、実際には開発したビジネスの方法や、ノウハウの指導など事業のサポートをすることはほとんどありません。そして、保証金を支払った被害者の返金に応じることもありません。


融資保証金詐欺の対処法

正規の金融業者は、保証金などを名目に融資を前提にした現金の振込みを要求することはまずありません。

したがって、融資実行前に金銭を要求してくる業者は、詐欺業者であると認識して下さい。


また、電話を掛けただけで「登録」したなどと言って、登録料解約料などを請求してくる場合があります。

そのため、ダイレクトメールやチラシなどに書かれたフリーダイヤルや電話番号には安易に電話を掛けないで下さい。

疑わしい場合は、業者名や商号・名称、代表者名、電話番号などを控えておいて、後から金融庁の検索サービスで照会して確認してみることをおすすめします。



保証金詐欺に遭い、保証金を入金するように闇金業者から指示された場合は、すぐにヤミ金問題を専門に扱う法律家に相談しましょう。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でヤミ金取り立ては無料相談で解決!をフォローしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【闇金相談】ジャパンネット法務事務所

ジャパンネット法務事務所

ヤミ金問題に強い頼れる司法書士
【経験と実績】ジャパンネット法務事務所

詳しく見る ⇒


トップへ戻る