ヤミ金の手口一覧

ヤミ金の手口

ヤミ金融(悪質な違法業者)の手口とは、一体どのようなものなのでしょうか?

このカテゴリーでは、ヤミ金・違法業者が行う卑劣で俗悪な手口の数々を紹介しています。

ヤミ金融・違法業者は、常に他人を騙して金銭を騙し取ることを考えています。

ヤミ金の手口に易々と乗らないようにするためにも、彼らの行う手口を十分に理解して、自衛するように心がけましょう。

ヤミ金が横行するフリマアプリの実情

近年、フリマアプリと呼ばれるスマートフォンアプリによる商品売買が流行しています。フリマアプリは、誰でも手軽に商品の取引ができるため、幅広い年齢層に支持されています。このページでは、フリマアプリを利用して違法な金銭を得ようと画策する者(ヤミ金融)について説明をしています。

銀行口座売買を要求するヤミ金に注意

近年、銀行口座の売買をもちかける、ヤミ金をはじめとする違法業者の数が増加しています。 口座売買 や、携帯電話の不正売買は、一般的に特殊詐欺に分類されます。今年、上半期の特殊詐欺に関する検挙数は、統計を取り始めた2007年以降の同期比で過去最多であることが、警察庁のまとめで明らかになっています。

不動産担保ローンを騙るヤミ金に注意

不動産担保ローン は、自宅や土地などの不動産を担保にして、銀行や信用金庫などの金融機関やノンバンクから融資を受けることが出来る金融商品です。不動産を所有している方であれば、低金利で高額融資を受けることが出来るため、多くの人に利用されています。ヤミ金の中には不動産取引を装い違法貸付を行う業者が存在します。

登録詐称業者とは

貸金業者を営む者は、財務局長もしくは都道府県知事の許可を得て貸金業登録番号を取得し、その登録番号を広告などに記載して営業を行うことが義務付けられています。登録詐称業者は、貸金業登録を行わずに貸金業を行う無登録業者の中でも、架空の登録番号を使用して営業、勧誘を行うヤミ金のことを言います。

もしかしてヤミ金かも!?個人間融資とは

個人間融資とは、読んで字のごとく、消費者金融や銀行などの貸金業者や金融機関などの業者を介さない、個人間でお金の貸し借りを行うことを言います。個人間融資は、ソーシャルレンディングなどと呼ばれる場合もあります。金融機関からの借入れとは異なるため、融資時の審査はもちろん、担保や保証人を用意する必要はありません。

還付金詐欺とは

還付金詐欺(還付金等詐欺)とは、公的機関を騙り、「還付金を返還する」などという虚言を弄してATMへ誘導させ、加害者の口座へ振込みを行わせる詐欺のことを言います。オレオレ詐欺、なりすまし詐欺などと同様に、振り込め詐欺の一類型として数えられます。

振り込め詐欺とは

振り込め詐欺とは、オレオレ詐欺や架空請求詐欺、なりすまし詐欺などの総称です。2004年11月までは、オレオレ詐欺と呼ばれていましたが、手口が多様化する中で名称と実態が合わなくなったことから、一連の詐欺行為の統一名称として2004年に警察庁が命名しました。

名義貸しとは

名義貸しとは、自分の氏名や商号を第三者に貸すことを言います。名義貸しは、貸金業者などとの契約に利用される場合があり、トラブルの原因になるため基本的に禁止されている行為です。昔から存在する古典的な特殊詐欺ですが、現在でも学生や主婦、高齢者などを中心に被害が後を絶ちません。

携帯電話購入詐欺とは

携帯電話購入詐欺とは、ここ数年で増えてきたヤミ金業者が行う手口の一つです。ヤミ金業者は、融資を行うという名目で携帯電話(スマートフォン)を送るように促しますが、実際に携帯電話を入手した後は、融資をすることなく連絡がとれなくなるというのが一連のパターンです。

カラ貸しとは

カラ貸しとは、契約もお金の融資もしていないのにも関わらず、支払いの請求・取立てを行う闇金業者の一種です。つまり、被害者は一切お金を借りていないにもかかわらず、理不尽に取立てに遭うことになります。その実態は、一方的に電話やメールなどで取立て行為を行う、架空請求業者に近い存在であると言えます。

押し貸しとは

押し貸しとは、貸借契約をしていないのにも関わらず、勝手に自分の銀行口座にお金が振り込まれ、その後暫くして法外な利息を請求するという闇金業者の手口です。増額融資と言って何度も振込んだり、完済後であっても入金してくるケースもあります。また、押し貸しという呼称の他に、強制貸付けとも呼ばれることがあります。



トップへ戻る