伊万里市の宗教法人「ヤミ金」で10億円超貸し付けた疑いで、77歳代表ら逮捕

伊万里市の宗教法人「ヤミ金」で10億円超貸し付けた疑いで、77歳代表ら逮捕

宗教法人隠れみのに「ヤミ金」10億円超貸し付け、77歳代表ら逮捕 兵庫県警など

宗教法人を隠れみのにして「ヤミ金融」を営み、高金利で現金を貸し付けたとして、兵庫など3県警の合同捜査本部は1日、出資法違反の疑いで、宗教法人「至誠光魂(しせいこんごう)寺」代表の容疑者(77)=佐賀県伊万里市大坪町乙=と、元法人職員ら41~70歳の男女3人を逮捕した。

 兵庫県警によると、容疑者らは貸金業の登録を受けない「ヤミ金融」を経営。平成23年7月~今年1月、少なくとも42都道府県の約380の個人・法人に対し、法定金利の上限(1日あたり0・3%)を上回る超高金利で計約10億7千万円を貸し付け、利息を含め計約16億円を回収した。融資先の企業経営者らは「別のヤミ金業者から至誠光魂寺を紹介された」などと説明しているという。

 逮捕容疑は27年12月~28年2月、兵庫県内の建築業の男性(80)ら2人に計66万円を貸し付け、法定金利を上回る11万円の利息を受け取ったとしている。

 県警によると、容疑者は融資の際、あらかじめ貸付額と同額の小切手を振り出すよう顧客に要求。さらに「ネイチャーパワー」が含まれると称した安価な湯飲み茶碗(ちゃわん)などを高額で売りつけていた。


記事元:http://www.sankei.com/west/news/171101/wst1711010087-n1.html



解説

今回の逮捕容疑者は、宗教法人という社会的な信用を隠れみのに、法定金利を大きく超える利息を取っており、出資法違反の疑いが持たれています。


出資法について
出資法とは、「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」の通称です。出資法は、貸金業者などを規制することを目的として出資金の受け入れを制限し、浮き貸し・高金利などを取り締まる法律です。ヤミ金融は、この出資法の定める上限金利を遥かに超える高い金利を取って貸付を行っています。

安価な物品を高額で売りつけるという行為が、事実上の利息にあたると見られています。

また、寄付を装って、利息を得ていた疑いも浮上しています。


本来、宗教法人は営利を目的としない非営利団体です。

基本的に法人税が非課税になるなど、税制面で様々な優遇を受けています。


宗教法人の活動は、公益に資するものであるべきにもかかわらず、その公共的性格を逸脱した行為は非常に悪質であると言えます。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でヤミ金取り立ては無料相談で解決!をフォローしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


トップへ戻る