ヤミ金容疑の女性、不起訴処分に – 高松地検

ヤミ金容疑の女性、不起訴処分に - 高松地検

ヤミ金容疑の女性不起訴 高松地検

高松地検丸亀支部は4日、無登録で貸金業を営み高金利で貸し付けたとして、貸金業法違反(無登録営業)と出資法違反(高金利)の疑いで5月に香川県警に逮捕された東京都東村山市の無職女性(43)を不起訴処分とした。理由は明らかにしていない。

 女性は東京都台東区の清掃作業員の男(33)=貸金業法違反罪などで起訴=と共謀し平成28年7月~29年11月、千葉県の運転手や長崎県の会社役員らに金を貸し付け、法定金利を上回る利息を受け取ったとして逮捕された。


記事元:https://www.sankei.com/west/news/180604/wst1806040079-n1.html



解説

刑事事件の被疑者となり逮捕された場合、通常、その身柄は警察の留置場に拘束されます。

その間(最長で23日間)に、検察官が公判請求(起訴)をするかどうかの判断を下します。

起訴された場合、裁判所の審判で有罪判決が下る蓋然性は99%であると言われています。


検察官が有罪判決を取ることが困難である、もしくは裁判所の判断を仰ぐ必要はないと判断した場合は、被疑者の処分は不起訴となります。


不起訴処分には、嫌疑なし、嫌疑不十分、起訴猶予などの種類があります。


  • 嫌疑なし … 犯罪行為の要件を満たしていない。
  • 嫌疑不十分 … 決定的な証拠がない。
  • 起訴猶予 … 被疑者が十分反省している、あるいは犯罪性が軽度、再犯の恐れがないなどの理由による赦免。

日本の刑事司法の分野において不起訴処分となる場合は、起訴猶予に該当するケースがほとんどです。


ヤミ金容疑で男女2人逮捕=全国に客2000人以上か 貸金業の登録をせず法定金利を大きく超える高金利で金を貸し付けたとして、香川...

借金問題で悩んだら債務整理を考えてみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る