中小企業に債権の買い取り装ったヤミ金容疑で社長ら11人逮捕へ

中小企業に債権の買い取り装ったヤミ金容疑で社長ら11人逮捕へ

ヤミ金営業 都内の社長ら11人逮捕

中小企業の経営者を相手に債券の買い取りを装い高金利で金を貸し付けたとして、千葉県警と岩手県警の合同捜査本部は25日、都内でコンサルティング会社を営む50歳の男ら11人を逮捕しました。

警察によりますと、容疑者らは去年10月からことし3月にかけて、無登録にもかかわらず、東京都や静岡県の中小企業の経営者5人に対し現金計530万円を貸し付けた上、法定金利を大幅に上回る約184万円の利息を受け取った疑いが持たれています。


出典:https://www.chiba-tv.com/plus/detail/20190927402



解説

容疑者らは、ファクタリングを装い、全国の中小企業経営者から実質的な利息である高額な手数料を得ていたとみられています。


ファクタリングとは

企業が保有する売掛債権を買い取り、自己のリスク負担で債権の管理・回収を行う金融業務のこと。

企業にとっては、売掛債権を売却することで早期の資金調達を図ることができる。


ファクタリングは、銀行融資に頼らない資金調達方法として、資金繰りに悩む経営者のニーズに応えるためのサービスです。

そもそも売掛債権の買取業務であるため、貸金業とは異なるサービスであると考えられていました。


しかしながら、実際にはファクタリングを名乗る業者の中には、売掛債権を介した融資・貸付を行う者がいることが明らかになっています。


平成29年3月3日、ファクタリングを巡る裁判において、高額な手数料を得たとして利息制限法が適用された判例があります。

裁判所は、当該取引を債権譲渡契約ではなく、金銭貸借契約(実質的な貸金業)であると判断しました。

その上で、ファクタリングを装った業者に対して利息制限法を超える手数料の返還を命じました。


貸金業であると判断された場合(いわゆる偽装ファクタリング)は、貸金業法および出資法の適用を受けることになります。

貸金業法・出資法は、刑事罰の対象であるため、違反した場合は懲役もしくは罰金が課されます。


取引先が決済期日に支払不能となった場合、利用者(依頼企業)に返還を負担させる「償還請求権のあるファクタリング」については、実質的な貸金業者の可能性を疑う必要があります。


ファクタリングとは、他者が有する売掛債権を買い取って、その債権の回収を行う金融サービスを指します。 売掛債権を売却することで、最短即日で現金の確保が可能であるため、金融機関から融資を断られた経営者に残された数少ない資金調達方法の一つであると言えます。
近年、ファクタリングは経済産業省が周知・推奨を行うなど、銀行融資に頼らない多用な資金調達方法の一つとして注目を集めています。偽装ファクタリングは、ファクタリングサービスを提供する会社を装って高い手数料を取る悪質業者のことを言います。

 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

借金問題で悩んだら債務整理を考えてみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る