法定金利の97.5倍で貸し付けか 闇金容疑で男らを逮捕

法定金利の97.5倍で貸し付けか 闇金容疑で男らを逮捕

法定金利97倍超“ヤミ金”42歳男ら逮捕

最大で法定金利の97.5倍の高金利でカネを貸し付けたとして、42歳の男らが警視庁に逮捕された。

出資法違反の疑いで逮捕されたのは、大阪府八尾市の職業不詳の彦容疑者ら2人。警視庁によると、容疑者らは去年12月から今年3月にかけて、香川県に住む50代の女性に最大で法定金利の97.5倍の高金利でカネを貸し、違法に利息を受け取った疑いがもたれている。


出典:https://news.livedoor.com/article/detail/17246327/



解説

闇金業者は、主にどこからもお金を借りることができない人をターゲットにしています。

基本的には、債務整理や支払い遅延などが理由で、ブラック状態になっている人(多重債務者)が狙われやすい傾向にあります。


また、消費者金融、信販会社などの貸金業者は、年収の3分の1を越える貸し付けを行うことが出来ません。この仕組みを総量規制と言います。

つまり、正規の貸金業者から借りることができる金額には上限があるため、それ以上にお金を借りたいと思った場合は、違法な貸金業者を利用せざるを得ないケースもあるようです。


ヤミ金融は、お金に困っている債務者の弱みに付け込み、法外な利息と苛烈な取立てによって膨大なお金を搾取する違法業者です。一度でもヤミ金を利用してしまうと、半永久的に利息だけを支払い続けることになり、はじめに借り入れをした元金は減ることなく一方的に搾取され続けることになります。

闇金融は、多重債務者や既存顧客の個人情報をまとめた、いわゆる”カモリスト”と呼ばれる名簿を元に、電話やダイレクトメールなどを使って勧誘を行います。

謳い文句には、「ブラックOK」「柔軟審査」「激甘融資」「超低金利」などの好条件を用いるケースが一般的です。


ヤミ金融が行う様々な勧誘の手口を紹介します。貸金業者が行う勧誘は、特定商取引法による取り締まりの対象にありますが、基本的には、DM(ダイレクトメール)、チラシ、電話での勧誘行為自体は違法ではありません。しかし、業者が行う勧誘に関しては、次のような決まりが定められています。

『甘い言葉には裏がある』というのは世の常であるため、当然、提示している条件通りに融資が行われることはありません。

借り手側が圧倒的に不利な条件を飲まされることになります。


利息は、法定金利(~年20.0%)を大幅に超える高金利である場合がほとんどで、支払いサイクルも1週間や10日間などの超短期を特徴とします。

取り立ても厳しく、苛烈に返済を迫るケースも少なくありません。


ヤミ金の借金を返さなくても良いからと言って、そのまま返済をせずに放置していると、ヤミ金から取り立て電話がかかって来ることになります。 貸金業者の取立てに関しては、貸金業法第21条1項により「人を威迫し、又はその私生活若しくは業務の平穏を害するような言動により、その者を困惑させてはならない」と定められています。

ヤミ金からお金を借りることで一時的に資金繰りは改善するかもしれません。

しかし、それは問題の先送りどころか、さらなる問題の泥沼化に陥ることを意味します。


借金問題で悩んだら債務整理を考えてみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る